目元のエイジングの悩みをヒアルロン酸注射で解決

目元の若返りをヒアルロン酸で叶える

ヒアルロン酸 注射保存的治療|ひざの病気について|ひざの痛みと治療方法

新しくできた美容クリニックへ行ってみた | ボトックスよりヒアルロン酸のほうがいい?! | 目元の若返りをヒアルロン酸で叶える

痛みに弱いためどのクリニックでも、ボトックス注入時には、別途料金を支払って笑気麻酔を利用していました。
プラス3千円くらいの出費にはなりますが、お酒に酔ったような感覚になるため、針を刺した時にチクッとするものの痛みはかなり軽減されます。
ところがそのクリニックでは麻酔無しで行うやり方であり、大きな冷えた保冷剤を顔に押し当てて、感覚がマヒしたところで注入をする流れです。
意識ははっきりしていますから、注射をする前はかなり怖かったものの、保冷剤の冷たさの痛みの方が辛くなりました。
すっかり顔の感覚がなくなったところへ注入をしていき、あっという間に完了です。
軽い出血をガーゼで抑えて、しばらくしたらもう帰ってよいということでした。
翌日まで頬に流動性の異物が入った違和感がありましたが、2日もすると馴染んで違和感は無くなり、仕上りもとても自然にキレイです。
ボトックスではできない自然な目元の膨らみもあり、小じわなどまったくない状態になりました。
両方の目元で10万円の出費なので決して安くはないものの、ボトックスだけではかなわない目元の若返りを、ヒアルロン酸注射で叶えることができて大満足です。

TCBでは鼻先、鼻柱、ほうれい線の鼻翼付近へのヒアルロン酸注射はお断りしております。


それらの部位にヒアルロン酸を注射すると、動脈内にヒアルロン酸が注入され、血流障害を起こして、皮膚壊死などの重大な合併症を引き起こす可能性があるためです。


注入しているクリニックにはご注意ください。
pic.twitter.com/DZX421aEuT

— 安本匠@仙台の美容外科医 (@TCB_Yasumoto) 2019年8月30日